閉じる

相手の「ロストワールド」の効果の適用中、自分フィールドに「ジュラエッグトークン」が存在する場合、永続魔法カードをリリースしてアドバンス召喚されている「真竜剣皇マスターP」は、どのカードを対象に、モンスター効果を発動できますか?

Question
相手のフィールドゾーンに「ロストワールド」が表側表示で存在し、相手のモンスターゾーンに「究極伝導恐獣」が表側表示で存在しています。

また、自分のモンスターゾーンには、「ロストワールド」の『②:1ターンに1度、恐竜族モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。相手フィールドに「ジュラエッグトークン」(恐竜族・地・星1・攻/守0)1体を守備表示で特殊召喚する』効果によって特殊召喚された「ジュラエッグトークン」と、『このカードを表側表示でアドバンス召喚する場合、モンスターの代わりに自分フィールドの永続魔法・永続罠カードをリリースできる』方法によってモンスター、永続魔法カードをそれぞれリリースしてアドバンス召喚されている自分の「真竜剣皇マスターP」が存在しています。

この状況で、自分が「真竜剣皇マスターP」の『②:アドバンス召喚したこのカードが存在する場合、1ターンに1度、自分の墓地から永続魔法・永続罠カード1枚を除外し、このカード以外のフィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。この効果は相手ターンでも発動できる』モンスター効果を発動する場合、どのカードを対象にモンスター効果を発動する事ができますか?
Answer
質問の状況の場合、相手の「ロストワールド」の『③:相手フィールドにトークンがある限り、相手はトークン以外のフィールドのモンスターを効果の対象にできない』効果が適用されていますので、自分が「真竜剣皇マスターP」の『そのカードを破壊する』モンスター効果を発動する場合、相手の「究極伝導恐獣」を対象とする事はできませんが、自分フィールドの「ジュラエッグトークン」を対象とする事や、「ロストワールド」を破壊する対象として選択する事はできます。

(「真竜剣皇マスターP」が『①:このカードは、このカードのアドバンス召喚のためにリリースしたカードと元々の種類(モンスター・魔法・罠)が同じカードの効果を受けない』モンスター効果によって、どの種類のカードの効果を受けない状態であるかによって、処理に違いはありません。)
Q&Aタグ 魔法
2017-03-24