閉じる

「電脳堺媛-瑞々」の効果の対象のモンスターが、効果処理時に裏側守備表示になった場合、処理はどうなりますか?

Question
自分のモンスターゾーンの表側表示の「電脳堺姫-娘々」を対象として、「電脳堺媛-瑞々」の『①』の『このカードが手札に存在する場合、自分フィールドの「電脳堺」カード1枚を対象として発動できる。そのカードとは種類(モンスター・魔法・罠)が異なる「電脳堺」カード1枚をデッキから墓地へ送り、このカードを特殊召喚する。その後、対象のカード及び墓地へ送ったカードとは種類が異なる「電脳堺媛-瑞々」以外の「電脳堺」カード1枚をデッキから手札に加える事ができる』効果を発動しました。

その発動にチェーンして「月の書」が発動し、対象となった「電脳堺姫-娘々」が裏側守備表示になった場合、「電脳堺媛-瑞々」の効果の処理は適用されますか?
Answer
電脳堺媛-瑞々」の効果の対象の「電脳堺姫-娘々」が、その処理時に裏側守備表示になっていた場合でも、対象のカードの種類をモンスターとして扱い、「電脳堺媛-瑞々」の効果処理が行われます。

この場合、『そのカードとは種類(モンスター・魔法・罠)が異なる「電脳堺」カード1枚をデッキから墓地へ送り』の処理によって「電脳堺」魔法・罠カード1枚をデッキから墓地へ送り、「電脳堺媛-瑞々」を手札から特殊召喚することになります。

さらに、『対象のカード及び墓地へ送ったカードとは種類が異なる「電脳堺媛-瑞々」以外の「電脳堺」カード1枚をデッキから手札に加える事ができる』の処理も行うことができます。
Q&Aタグ モンスター
2021-02-10