遊戯王 オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ - カードデータベース
KONAMI

墓地の「エターナル・ボンド」の効果処理時に、対象の「フォトン」と名のついたモンスターが罠カードの効果を受けない場合、処理はどうなりますか?

Question
相手のモンスターゾーンに表側表示で存在する「銀河眼の光子竜」を対象として、「エターナル・ボンド」の『②:自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、相手フィールドの「フォトン」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターのコントロールを得る。このターン、自分はそのモンスターでしか攻撃宣言できず、そのモンスターの攻撃力は自分フィールドの「フォトン」モンスターの元々の攻撃力を合計した数値になる』効果を発動しました。

その発動にチェーンして、相手がその「銀河眼の光子竜」を対象として「禁じられた聖槍」を発動した場合、処理はどうなりますか?
Answer
質問の状況の場合、対象の「銀河眼の光子竜」に「禁じられた聖槍」の『①:フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターはターン終了時まで、攻撃力が800ダウンし、このカード以外の魔法・罠カードの効果を受けない』効果が適用された状態で、「エターナル・ボンド」の効果処理が適用されます。

この場合、「銀河眼の光子竜」のコントロールを得る事ができませんので、『このターン、自分はそのモンスターでしか攻撃宣言できず、そのモンスターの攻撃力は自分フィールドの「フォトン」モンスターの元々の攻撃力を合計した数値になる』処理は適用されません。
Q&Aタグ 最新Q&A 2019-12-22