閉じる

「妨げられた壊獣の眠り」は、相手が「スケープ・ゴート」を発動しているターンに発動できますか?

Question
自分のターンに、相手が「スケープ・ゴート」を発動し、『①:自分フィールドに「羊トークン」(獣族・地・星1・攻/守0)4体を守備表示で特殊召喚する。このトークンはアドバンス召喚のためにはリリースできない』効果によって特殊召喚された「羊トークン」4体が相手のモンスターゾーンに存在しています。

この状況で、自分は「妨げられた壊獣の眠り」の『①:フィールドのモンスターを全て破壊する。その後、デッキからカード名が異なる「壊獣」モンスターを自分・相手のフィールドに1体ずつ攻撃表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは表示形式を変更できず、攻撃可能な場合は攻撃しなければならない』効果を発動する事はできますか?
Answer
質問の状況の場合、相手は「スケープ・ゴート」を発動し、『このカードを発動するターン、自分はこのカードの効果以外ではモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚できない』状態となっていますが、「妨げられた壊獣の眠り」は自分が、自分のモンスターゾーンと相手のモンスターゾーンの両方にモンスターを特殊召喚する効果となりますので、効果処理に影響はありません。

したがって、この場合、自分は「妨げられた壊獣の眠り」を発動し、効果処理を通常通り適用する事ができます。
Q&Aタグ 魔法
2017-03-24