閉じる

闇属性が宣言されている「DNA移植手術」の効果が適用されている場合、元々の属性が闇属性でないモンスターが破壊される際に、墓地の「幻影死槍」を除外できますか?

Question
闇属性が宣言されている「DNA移植手術」の効果が適用されています。

この状況で自分のモンスターゾーンに表側表示で存在する「ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」が相手の発動した「奈落の落とし穴」の効果によって破壊される際に、「幻影死槍」の『②:自分フィールドの闇属性モンスターが戦闘または相手の効果で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる』効果を適用する事はできますか?
Answer
ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」は元々は地属性のモンスターですが、質問の状況の場合は「DNA移植手術」の効果によって闇属性として扱われていますので、闇属性のモンスターが相手のカードの効果によって破壊されている状況となりますので、墓地の「幻影死槍」の効果を適用する事ができます。
(効果を適用した場合、「ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」は破壊されずモンスターゾーンに残る事になります。)
Q&Aタグ 魔法
2017-03-24