閉じる

装備カード扱いの「女神の聖弓-アルテミス」の効果で相手のカードの効果を無効にした際に、「絶対魔法禁止区域」が適用されていた場合、どうなりますか?

Question
相手の魔法&罠ゾーンに「絶対魔法禁止区域」が表側表示で存在し、自分のモンスターゾーンには「女神の聖弓-アルテミス」を装備カード扱いとして装備した「エルフの剣士」が存在しています。

この状況で自分のターンのバトルフェイズに、その「エルフの剣士」で攻撃を行った際に、相手が「破壊輪」を発動しました。

『②:このカードの効果でこのカードが装備されている場合、自分・相手のバトルフェイズ中に1度だけ、相手が発動した魔法・罠・モンスターの効果を無効にする。この効果を適用したバトルフェイズ中、装備モンスターは2回攻撃できる』効果によって、「破壊輪」の効果が無効になった後、自分が「サイクロン」を発動し、「絶対魔法禁止区域」を破壊した場合、その「エルフの剣士」は2回攻撃する事はできますか?
Answer
質問の状況のように、「女神の聖弓-アルテミス」の装備モンスターが「絶対魔法禁止区域」の効果によって魔法カードの効果を受けない状態で、相手がバトルフェイズに魔法・罠・モンスターの効果を発動した場合でも、「女神の聖弓-アルテミス」の効果は通常通り適用され、相手の発動した効果を無効にします。

その場合、「女神の聖弓-アルテミス」の効果を適用していますので、そのターンのバトルフェイズ中に「絶対魔法禁止区域」の効果の適用がなくなったのであれば、「女神の聖弓-アルテミス」『この効果を適用したバトルフェイズ中、装備モンスターは2回攻撃できる』効果は通常通り適用される事になります。
(したがって、質問の状況の場合、「エルフの剣士」は2回の攻撃を行う事ができます。)
Q&Aタグ
2017-03-24