閉じる

トランザクション・ロールバック

カードテキスト
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:LPを半分払い、「トランザクション・ロールバック」以外の相手の墓地の通常罠カード1枚を対象として発動できる。この効果は、その通常罠カード発動時の効果と同じになる。
②:墓地のこのカードを除外し、LPを半分払い、「トランザクション・ロールバック」以外の自分の墓地の通常罠カード1枚を対象として発動できる。この効果は、その通常罠カード発動時の効果と同じになる。
補足情報 2023-06-10
【①の効果について】
■このカードの発動時の効果です。
■ダメージステップには発動できません。
■この効果を発動する際に、相手の墓地の通常罠カード1枚を対象に選択します。
■対象の通常罠カードは、その時点で自分が発動の条件を満たしている通常罠カードである必要があります。ただし、そのカードに記載された『1ターンに1枚しか発動できない』や『1ターンに1度しか使用できない』の条件は無視できます。また、そのカードの発動に必要なコストも無視します。
■発動時に対象を選択する通常罠カードを対象としてこのカードを発動する場合、このカードの発動時にその対象も選択します。
■処理時に、対象のカードが墓地に存在する場合、そのカードの発動時の効果の処理を適用します。処理時に対象のカードが墓地に存在しなくなった(対象から外れていた)場合、処理は何も行われません。

【②の効果について】
■墓地で発動できるチェーンブロックの作られる効果です。
■ダメージステップには発動できません。
■この効果を発動する際に、自分の墓地の通常罠カード1枚を対象に選択します。
■対象の通常罠カードは、その時点で自分が発動の条件を満たしている通常罠カードである必要があります。ただし、そのカードに記載された『1ターンに1枚しか発動できない』や『1ターンに1度しか使用できない』の条件は無視できます。また、そのカードの発動に必要なコストも無視します。
■発動時に対象を選択する通常罠カードを対象としてこのカードを発動する場合、このカードの発動時にその対象も選択します。
■処理時に、対象のカードが墓地に存在する場合、そのカードの発動時の効果の処理を適用します。処理時に対象のカードが墓地に存在しなくなった(対象から外れていた)場合、処理は何も行われません。
このカードに関連するQ&A 全12件中 1~10件を表示
「トランザクション・ロールバック」を発動・適用する際に、対象のカードに記載されたテキストのどこを適用しますか?
更新日: 2023-06-10
『発動後このカードは墓地へ送らず、そのままセットする』処理を、『この効果は、その通常罠カード発動時の効果と同じになる』処理として適用できますか?
モンスター
更新日: 2023-07-04
「闇のデッキ破壊ウイルス」の処理を、『この効果は、その通常罠カード発動時の効果と同じになる』処理として適用する場合、どのカードを破壊できますか?
モンスター
更新日: 2023-06-12
「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」の効果によって融合召喚が行われる場合、「暴走魔法陣」の効果は適用されますか?
モンスター
更新日: 2024-02-04
効果処理が発動のコストによって変化する通常罠カードの処理を、『この効果は、その通常罠カード発動時の効果と同じになる』処理として適用できますか?
モンスター
更新日: 2023-06-14
発動後に装備カードとなる通常罠カードの効果処理を、『この効果は、その通常罠カード発動時の効果と同じになる』処理として適用できますか?
モンスター
更新日: 2023-06-14
罠カードの効果のうち、墓地で発動できる効果を、「トランザクション・ロールバック」や「闇よりの罠」の効果の処理として適用できますか?
更新日: 2023-07-29
「絶滅の定め」の効果処理を、『この効果は、その通常罠カード発動時の効果と同じになる』処理として適用できますか?
更新日: 2023-06-14
「エクシーズ・リボーン」の処理を、『この効果は、その通常罠カード発動時の効果と同じになる』処理として適用できますか?
モンスター
更新日: 2023-06-14
発動後にモンスターとして特殊召喚される通常罠カードの効果処理を、『この効果は、その通常罠カード発動時の効果と同じになる』処理として適用できますか?
更新日: 2023-06-14

1

2