遊戯王 オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ - カードデータベース
KONAMI

希望の魔術師

ペンデュラム効果
①:1ターンに1度、自分または相手のモンスターの攻撃宣言時に発動できる。その攻撃を無効にする。その後、このカードを破壊する。
■『①:1ターンに1度、自分または相手のモンスターの攻撃宣言時に発動できる。その攻撃を無効にする。その後、このカードを破壊する』ペンデュラム効果はチェーンブロックの作られる効果です。
■対象を取る効果ではありません。
■『その攻撃を無効にする』処理と、『その後、このカードを破壊する』処理は同時に行われる扱いではありません。
2018-04-21

カードテキスト
レベル4モンスター×2
レベル4がP召喚可能な場合にEXデッキの表側表示のこのカードはP召喚できる。このカード名の①のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。手札からレベル7以下のPモンスター1体を効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。その後、表側表示のこのカードを自分のPゾーンに置く事ができる。②:このカードがP召喚に成功した場合、自分の墓地のPモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とする。
■『レベル4がP召喚可能な場合にEXデッキの表側表示のこのカードはP召喚できる』はモンスターの効果の扱いではありません。「希望の魔術師」はエクシーズ召喚に成功した後にエクストラデッキに表側表示で加わっている場合、ペンデュラム召喚によって特殊召喚する事ができます。
■『①:このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。手札からレベル7以下のPモンスター1体を効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。その後、表側表示のこのカードを自分のPゾーンに置く事ができる』モンスター効果は起動効果です。(対象を取る効果ではありません。この効果を発動する際に、コストとして、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除きます。)
■『手札からレベル7以下のPモンスター1体を効果を無効にして守備表示で特殊召喚する』処理と、『その後、表側表示のこのカードを自分のPゾーンに置く事ができる』処理は同時に行われる扱いではありません。
■『手札からレベル7以下のPモンスター1体を効果を無効にして守備表示で特殊召喚する』処理は必ず行いますが、『その後、表側表示のこのカードを自分のPゾーンに置く事ができる』処理は行わないとする事もできます。
■『②:このカードがP召喚に成功した場合、自分の墓地のPモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とする』モンスター効果は誘発効果です。(自分の墓地に存在するペンデュラムモンスター1体を対象に取る効果です。)
2018-04-21

 
このカードの
詳細を表示
このカードに関連するQ&A 全2件中 1~2件を表示

  • エクシーズ素材を取り除いて発動した「希望の魔術師」のモンスター効果の処理時に、「希望の魔術師」自身が裏側守備表示になっている場合、処理はどうなりますか?
    2018-04-20
    最新Q&Aエクシーズ
  • 「希望の魔術師」のペンデュラム効果の処理時、相手の攻撃モンスターがフィールドに存在しなくなっている場合、処理はどうなりますか?
    2018-04-20
    最新Q&Aエクシーズ
1

重要なお知らせ

2018年4月1日より【 WindowsVista以前 】【 Android4.4以前 】【 IE9以前 】等の一部の環境から、カードデータベースの閲覧が出来なくなります。

遊戯王OCGカードデータベースは2018年4月1日(日)より、セキュリティ強化の為、インターネット通信暗号化方式「TLS1.0」及び「TLS1.1」のサポートを終了いたします。それに伴い、TLS1.2以上に対応していない環境からはカードデータベースの閲覧が出来なくなります。ご了承ください。

対象環境(一部)Windows XPInternetExplorer 9以前
Windows VistaInternetExplorer 9以前
Android 4.4以前Androidブラウザ
※その他、ブラウザのセキュリティ設定等によりTLS1.2が有効になっていない環境からは閲覧できなくなります。