遊戯王 オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ - カードデータベース
KONAMI

対壊獣用決戦兵器スーパーメカドゴラン

カードテキスト
このカードは通常召喚できない。相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合に特殊召喚できる。①:「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。②:1ターンに1度、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを2つ取り除いて発動できる。自分の手札・墓地から「壊獣」モンスター1体を選んで装備カード扱いとしてこのカードに装備する。③:このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備した「壊獣」モンスターの元々の攻撃力分アップする。
■『このカードは通常召喚できない。相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合に特殊召喚できる』は効果の扱いではありません。特殊召喚モンスターの特殊召喚の手順となります。(この方法による特殊召喚を行う際にチェーンブロックは作られません。)
■『相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合に特殊召喚できる』の方法によって特殊召喚に成功した後、墓地へ送られた「対壊獣用決戦兵器スーパーメカドゴラン」を「死者蘇生」等の効果によって墓地から特殊召喚する事はできます。
■『①:「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない』モンスター効果は、起動効果・誘発効果・誘発即時効果・永続効果のいずれにも分類されない効果です。
■『②:1ターンに1度、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを2つ取り除いて発動できる。自分の手札・墓地から「壊獣」モンスター1体を選んで装備カード扱いとしてこのカードに装備する』モンスター効果は起動効果です。(この効果を発動する際に、コストとして、自分・相手フィールドから選んだ合計2つの壊獣カウンターを取り除きます。)
■『自分の手札・墓地から「壊獣」モンスター1体を選んで装備カード扱いとしてこのカードに装備する』モンスター効果は対象を取る効果ではありません。(効果処理時に、自分の手札または自分の墓地から装備カード扱いとして装備するモンスター1体を選びます。なお、自分の手札・自分の墓地のどちらにも「壊獣」と名のついたモンスターが存在しない場合、効果を発動する事はできません。)
■『③:このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備した「壊獣」モンスターの元々の攻撃力分アップする』モンスター効果は永続効果です。
2016-09-10

 
このカードの
詳細を表示
このカードに関連するQ&A 全6件中 1~6件を表示

  • 「妨げられた壊獣の眠り」の効果によって、自分または相手のモンスターゾーンに存在する「壊獣」と名のついたモンスターが破壊されなかった場合、処理はどうなりますか?
    2017-03-24
    魔法
  • 「妨げられた壊獣の眠り」の効果で「対壊獣用決戦兵器スーパーメカドゴラン」を特殊召喚できますか?
    2017-03-24
    モンスター
  • 「対壊獣用決戦兵器スーパーメカドゴラン」は自身のモンスター効果によって、2体以上の「壊獣」と名のついたモンスターを装備できますか?
    2017-03-24
    モンスター
  • 「壊獣」と名のついたモンスターを装備している「対壊獣用決戦兵器スーパーメカドゴラン」に「禁じられた聖杯」が適用された場合、攻撃力はどうなりますか?
    2017-03-24
    モンスター
  • 「壊獣」と名のついたモンスターを装備している「対壊獣用決戦兵器スーパーメカドゴラン」に「禁じられた聖槍」が適用された場合、攻撃力はどうなりますか?
    2017-03-24
    モンスター
  • 「対壊獣用決戦兵器スーパーメカドゴラン」の「壊獣」と名のついたモンスターを装備するモンスター効果の処理時に、「対壊獣用決戦兵器スーパーメカドゴラン」自身が裏側守備表示になっている場合、処理はどうなりますか?
    2017-03-24
    チェーン
1

重要なお知らせ

2018年4月1日より【 WindowsVista以前 】【 Android4.4以前 】【 IE9以前 】等の一部の環境から、カードデータベースの閲覧が出来なくなります。

遊戯王OCGカードデータベースは2018年4月1日(日)より、セキュリティ強化の為、インターネット通信暗号化方式「TLS1.0」及び「TLS1.1」のサポートを終了いたします。それに伴い、TLS1.2以上に対応していない環境からはカードデータベースの閲覧が出来なくなります。ご了承ください。

対象環境(一部)Windows XPInternetExplorer 9以前
Windows VistaInternetExplorer 9以前
Android 4.4以前Androidブラウザ
※その他、ブラウザのセキュリティ設定等によりTLS1.2が有効になっていない環境からは閲覧できなくなります。