閉じる

「群雄割拠」と「DNA改造手術」の適用中に、裏側守備表示のモンスターが戦闘によってリバースした場合、どうなりますか?

Question
自分の魔法&罠ゾーンに「群雄割拠」と、魔法使い族を宣言して発動した「DNA改造手術」が表側表示で存在し、自分のモンスターゾーンに表側攻撃表示の「ヂェミナイ・エルフ」と裏側守備表示の「マッシブ・ウォリアー」が存在しています。

この状況で、相手モンスターに攻撃された裏側守備表示の「マッシブ・ウォリアー」がリバースした場合、その「マッシブ・ウォリアー」は「群雄割拠」の処理によって墓地へ送らなければなりませんか?
Answer
質問の状況の場合、「DNA改造手術」の効果によってフィールドのモンスターの種族は宣言されている種族(=魔法使い族)になっていますので、そのリバースした「マッシブ・ウォリアー」の元々の種族が戦士族だった場合でも、結果的に自分フィールドのモンスターの種族は魔法使い族1種類の状態のままです。

したがって、「群雄割拠」の処理によって、その「マッシブ・ウォリアー」が墓地へ送られる事はありません。
Q&Aタグ
2017-03-24