閉じる

古代の機械究極巨人

カードテキスト
「古代の機械巨人」+「アンティーク・ギア」モンスター×2
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。①:このカードが攻撃する場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。②:このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。③:このカードが破壊された場合、自分の墓地の「古代の機械巨人」1体を対象として発動できる。そのモンスターを召喚条件を無視して特殊召喚する。
■「アンティーク・ギア」と名のついたモンスターとして扱われます。
■「古代の機械究極巨人」は融合召喚でしか特殊召喚できないモンスターです。融合召喚された後に墓地へ送られた場合でも、「死者蘇生」等の効果によって墓地から特殊召喚する事はできません。
■『①:このカードが攻撃する場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない』モンスター効果は永続効果です。
■攻撃した「古代の機械究極巨人」自身が戦闘で破壊された場合には、『相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない』モンスター効果の適用はなくなります。
■『②:このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える』モンスター効果は永続効果です。
■『③:このカードが破壊された場合、自分の墓地の「古代の機械巨人」1体を対象として発動できる。そのモンスターを召喚条件を無視して特殊召喚する』モンスター効果は誘発効果です。(自分の墓地の「古代の機械巨人」1体を対象に取る効果です。ダメージステップでも発動する事ができます。)
2017-11-11
このカードに関連するQ&A 全2件中 1~2件を表示
自身のモンスター効果によって、カード名が「古代の機械巨人」として扱われている「E・HERO プリズマー」を融合素材に含めて、「古代の機械超巨人」を融合召喚した場合、攻撃できる回数はどうなりますか?
融合
更新日: 2017-11-16
「E・HERO プリズマー」が自身のモンスター効果によって、カード名が「古代の機械巨人」として扱われている場合、「競闘-クロス・ディメンション」の効果の対象にできますか?
モンスター
更新日: 2017-11-16

1