閉じる

相手フィールドにモンスタートークンとその他のカードが存在する場合、自分は「拮抗勝負」を発動できますか?

Question
スケープ・ゴート」の『自分フィールドに「羊トークン」(獣族・地・星1・攻/守0)4体を守備表示で特殊召喚する』効果によって特殊召喚された「羊トークン」4体と、「漆黒の豹戦士パンサーウォリアー」が相手フィールドに存在しています。

この状況で、自分フィールドに存在するカードがセットされている「拮抗勝負」のみの場合、その『①:相手フィールドのカードの数が自分フィールドのカードより多い場合、自分・相手のバトルフェイズ終了時に発動できる。自分フィールドのカードの数と同じになるように、相手は自身のフィールドのカードを選んで裏側表示で除外しなければならない』効果を発動する事はできますか?
Answer
質問の状況の場合であれば、自分は「拮抗勝負」を発動する事はできます。

その場合、モンスタートークンは裏側表示で除外する事ができませんので、相手は裏側表示で除外する事ができる「漆黒の豹戦士パンサーウォリアー」のみを選んで裏側表示で除外する事になります。
(「羊トークン」4体はそのままモンスターゾーンに残ります。)
Q&Aタグ 通常モンスター・トークン
2017-07-13