遊戯王 オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ - カードデータベース
KONAMI

星遺物の交心

カードテキスト
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。①:自分フィールドに「クローラー」モンスターが存在し、相手モンスターの効果が発動した時に発動できる。その効果は「相手フィールドの表側表示モンスター1体を選んで持ち主の手札に戻す」となる。②:墓地のこのカードを除外し、フィールドのリンクモンスター1体を対象として発動できる。自分の手札・デッキ・墓地から「クローラー」モンスター1体を選び、対象のモンスターのリンク先となる自分フィールドに裏側守備表示で特殊召喚する。
■『①:自分フィールドに「クローラー」モンスターが存在し、相手モンスターの効果が発動した時に発動できる。その効果は「相手フィールドの表側表示モンスター1体を選んで持ち主の手札に戻す」となる』は、「星遺物の交心」のカードの発動の際の効果処理です。(対象を取る効果ではありません。ダメージステップに発動する事はできません。)
■「星遺物の交心」のカードの発動は、相手のモンスター効果の発動に直接チェーンして行います。
■『②:墓地のこのカードを除外し、フィールドのリンクモンスター1体を対象として発動できる。自分の手札・デッキ・墓地から「クローラー」モンスター1体を選び、対象のモンスターのリンク先となる自分フィールドに裏側守備表示で特殊召喚する』効果は、墓地にて発動しチェーンブロックの作られる効果です。(この効果を発動する際に、コストとして、自分の墓地の「星遺物の交心」自身を除外します。)
■『自分の手札・デッキ・墓地から「クローラー」モンスター1体を選び、対象のモンスターのリンク先となる自分フィールドに裏側守備表示で特殊召喚する』効果を発動する際に、自分または相手のモンスターゾーンに存在するリンクモンスター1体を対象に取ります。なお、その対象となるリンクモンスターは、そのリンク先となる自分のメインモンスターゾーンが空いている状態でなければ対象として選択する事はできません。
2018-04-14

 
このカードの
詳細を表示
このカードに関連するQ&A 全1件中 1~1件を表示

  • 「星遺物の交心」のカードの発動にチェーンして発動したカードの効果によって、自分のモンスターゾーンに「クローラー」と名のついたモンスターが存在しなくなっている場合、処理はどうなりますか?
    2018-05-10
    チェーン
1