遊戯王 オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ - カードデータベース
KONAMI

エレメントセイバー・ラパウィラ

カードテキスト
①:1ターンに1度、魔法・罠カードが発動した時、手札から「エレメントセイバー」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。その発動を無効にし破壊する。②:このカードが墓地に存在する場合、1ターンに1度、属性を1つ宣言して発動できる。墓地のこのカードはターン終了時まで宣言した属性になる。
■『①:1ターンに1度、魔法・罠カードが発動した時、手札から「エレメントセイバー」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。その発動を無効にし破壊する』モンスター効果は誘発即時効果です。(この効果を発動する際に、コストとして、手札から「エレメントセイバー」と名のついたモンスター1体を墓地へ送ります。ダメージステップでも発動する事ができます。)
■『その発動を無効にし破壊する』モンスター効果は対象を取る効果ではありません。自分または相手の魔法・罠カードのカードの発動に直接チェーンして発動する効果です。(魔法・罠カードの効果の発動にチェーンして発動する事はできません。)
■『②:このカードが墓地に存在する場合、1ターンに1度、属性を1つ宣言して発動できる。墓地のこのカードはターン終了時まで宣言した属性になる』モンスター効果は、墓地にて発動する起動効果です。(対象を取る効果ではありません。効果を発動する際に、属性を1つ宣言します。)
■『墓地のこのカードはターン終了時まで宣言した属性になる』モンスター効果は、効果を発動した「エレメントセイバー・ラパウィラ」自身が墓地に存在する間のみ適用される効果です。その効果を適用したターンに墓地から特殊召喚したとしても、その属性は元々の属性である光属性としてしか扱われません。
2018-01-13

 
このカードの
詳細を表示
このカードに関連するQ&Aはありません。

重要なお知らせ

2018年4月1日より【 WindowsVista以前 】【 Android4.4以前 】【 IE9以前 】等の一部の環境から、カードデータベースの閲覧が出来なくなります。

遊戯王OCGカードデータベースは2018年4月1日(日)より、セキュリティ強化の為、インターネット通信暗号化方式「TLS1.0」及び「TLS1.1」のサポートを終了いたします。それに伴い、TLS1.2以上に対応していない環境からはカードデータベースの閲覧が出来なくなります。ご了承ください。

対象環境(一部)Windows XPInternetExplorer 9以前
Windows VistaInternetExplorer 9以前
Android 4.4以前Androidブラウザ
※その他、ブラウザのセキュリティ設定等によりTLS1.2が有効になっていない環境からは閲覧できなくなります。