遊戯王 オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ - カードデータベース
KONAMI

エルシャドール・ネフィリム

カードテキスト
「シャドール」モンスター+光属性モンスター
このカードは融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「シャドール」カード1枚を墓地へ送る。②:このカードが特殊召喚されたモンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動する。そのモンスターを破壊する。③:このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の「シャドール」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。
■「シャドール」と名のついたモンスターとして扱われます。
■『①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「シャドール」カード1枚を墓地へ送る』モンスター効果は誘発効果です。(対象を取る効果ではありません。)
■『デッキから「シャドール」カード1枚を墓地へ送る』モンスター効果は、「エルシャドール・ネフィリム」自身が特殊召喚に成功した場合に、任意に発動する事ができる効果です。(融合召喚以外の方法によって特殊召喚に成功した場合にも発動する事ができます。また、ダメージステップでも発動する事ができます。)
■『②:このカードが特殊召喚されたモンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動する。そのモンスターを破壊する』モンスター効果は誘発効果です。(対象を取る効果ではありません。「エルシャドール・ネフィリム」自身が特殊召喚されたモンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に必ず発動する効果です。)
■『③:このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の「シャドール」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える』モンスター効果は、墓地にて発動する誘発効果です。(自分の墓地の「シャドール」と名のついた魔法・罠カード1枚を対象に取る効果です。また、ダメージステップでも発動する事ができます。)
2018-06-09

 
このカードの
詳細を表示
このカードに関連するQ&A 全8件中 1~8件を表示

  • 「シャドール・ファルコン」がリバースした場合の効果で、「エルシャドール・ネフィリム」や「エルシャドール・ミドラーシュ」を特殊召喚できますか?
    2017-03-24
    リバース融合
  • 「影依融合」による融合素材モンスターとして、「C・HERO カオス」を使用する場合、どの属性のモンスターとして扱いますか?
    2017-03-24
    融合
  • 「RR-レヴォリューション・ファルコン」が相手の「エルシャドール・ネフィリム」を攻撃した場合、それぞれの効果はどのように処理しますか?
    2017-03-24
    エクシーズ
  • 「エルシャドール・ネフィリム」と「A・O・J カタストル」が戦闘を行う場合、それぞれの効果はどのように処理を行いますか?
    2017-03-24
    ダメージステップ融合シンクロ
  • 効果モンスター扱いの「影依の原核」2枚を融合素材として「エルシャドール・ネフィリム」を融合召喚できますか?
    2017-03-24
    融合
  • 「エルシャドール・ネフィリム」の効果と、「閃珖竜 スターダスト」の効果がそれぞれ適用される場合、その戦闘はどうなりますか?
    2017-03-24
    融合シンクロ
  • 「超念導体ビヒーマス」と「エルシャドール・ネフィリム」が戦闘を行う場合、それぞれの効果はどのように処理を行いますか?
    2017-03-24
    ダメージステップ融合シンクロ
  • 「エルシャドール・ネフィリム」と裏側表示の特殊召喚されたモンスターを攻撃した場合、「エルシャドール・ネフィリム」の効果によって相手モンスターは破壊されますか?
    2017-03-24
    ダメージステップ融合
1

重要なお知らせ

2018年4月1日より【 WindowsVista以前 】【 Android4.4以前 】【 IE9以前 】等の一部の環境から、カードデータベースの閲覧が出来なくなります。

遊戯王OCGカードデータベースは2018年4月1日(日)より、セキュリティ強化の為、インターネット通信暗号化方式「TLS1.0」及び「TLS1.1」のサポートを終了いたします。それに伴い、TLS1.2以上に対応していない環境からはカードデータベースの閲覧が出来なくなります。ご了承ください。

対象環境(一部)Windows XPInternetExplorer 9以前
Windows VistaInternetExplorer 9以前
Android 4.4以前Androidブラウザ
※その他、ブラウザのセキュリティ設定等によりTLS1.2が有効になっていない環境からは閲覧できなくなります。